メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

静岡県を流れる大井川は江戸時代も…

[PR]

 静岡県を流れる大井川は江戸時代も橋がかからず、人による「徒(かち)渡し」が行われた。理由は諸説あるが、技術的要因に加え、川越え組織の権益を保護する必要もあったためという(松村博著「大井川に橋がなかった理由」)▲その大井川が、注目を浴びている。リニア中央新幹線(品川―名古屋)整備に必要な南アルプスのトンネル工事を巡り、事業者のJR東海と静岡県が対立する原因となっているためだ▲静岡県は、工事に伴う湧水(ゆうすい)で大井川の水量が減り、流域の暮らしや産業に影響しかねないと主張する。JR東海は水量は維持されると反論するが、県は着工に同意していない。対立の背景には、東海道新幹線の運行に関する両者の確執も指摘されている。川勝平太静岡県知事の強硬姿勢を批判する「静岡悪者論」もあるようだ▲ただし大井川では、これまでも発電用取水などによる水量不足が問題化してきた。かつては流域で「水返せ運動」が起きたこともある。JRは、県が求める湧水の全量回復への対応が遅れた。国も巨費で支援する国策だという意識が、説明軽視につながったことは否定できまい▲明治に入ってから、渡船や架橋に伴い、大井川の人足らは大量失業した。転業して茶畑を開墾したことが、今日の静岡茶につながっていく▲リニアについては、人口減少時代に必要か、疑問視する声も少なくない。地域の歴史を形づくってきた河川の保護とどう向き合うか。越すに越されぬ大井川論争、開発のあり方を問う課題である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです