メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

コロナで「日本化」する世界 経済のあり方、再検討を=中西寛・京都大教授

=北山夏帆撮影

 新型コロナウイルス感染症が社会を覆い尽くすようになって耳につくようになったのは「経済を回す」という言い回しである。「オーバーシュート」や「新しい生活様式」といった明らかな新語とは違って、いつの間にか誰もが自然と発するようになっていたと思う。少なくとも毎日のように聞くようになったのはコロナ流行以降だろう。

 しかし世界的流行が始まって約半年を振りかえると、印象深いのは金融やネットを通じたバーチャル世界と、生身の人間が動くリアル世界の落差である。マネーの世界では経済は十分に回っている。株価は多くの国で一時の暴落を脱して流行前のレベルに近づいている。日経平均は今年1月に2万4000円台をつけた後、3月に1万6000円台まで下がったが、現在は2万2000円台まで戻した。欧米やアジア諸国も似たような状況であ…

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです