メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親子の日

親子インタビュー 植草政國×植草歩 コロナの試練越え「変わった自分で優勝を」

撮影 ブルース・オズボーン

 来夏に延期された東京オリンピックで初めて採用される空手の女子組手61キロ超級代表の植草歩さん。世界選手権は2大会連続で決勝に進み、東京五輪でも金メダルが期待される。「学生時代に自分が好きなことができなかった分、とことんやらせてあげたい」と、父政國さんが競技人生を支えてきた。歩さんは「今の自分になれたのはお父さんのお陰」と感謝する。

 次女として生まれた歩さんは「男勝りで、男の子と遊んでいる方が多かった」。スポーツ万能で何事も器用にこなす半面、上達すると遊んでしまう飽きっぽい性格。仲の良い近所の幼なじみと一緒に通うために初めて自分で習いたいとねだったのが空手だった。政國さんは「やりたいって言うんだったら、やめさせないよ」と覚悟を求めた。

この記事は有料記事です。

残り2452文字(全文2773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです