メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

太田胃散 オランダ人が処方

 胃もたれや胸焼けなど胃の不調を改善する胃腸薬「太田胃散」。主力製品と同名の会社は昨年、創業140周年を迎えた。

 創業者の太田信義氏は明治維新を機に武士から商人に転じ、東京・日本橋で米や油、書籍を販売していた。胃が弱く日ごろから胃薬を持ち歩いていたが、オランダ人医師が処方した胃散と呼ばれる薬を服用して治癒。現在の企業理念に通じる「奉仕の精神を以(もっ)て良品を世におくる」との思いから一念発起し、薬に精通した知人らの協力を得て1880年に「胃散」を発売し、生産も手掛けるようになった。189…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです