メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹をめぐるメモらんだむ

最新短編集から聞こえる音楽

 18日、村上春樹さんの短編小説集『一人称単数』(文芸春秋)が刊行された。収録作8編のうち7編は2018~20年に文芸誌に発表されたもので、表題作1編が書き下ろしだ。雑誌発表の数編に、比較的短い書き下ろしの表題作が加わる形は『女のいない男たち』(14年)と同じ。しかも、同様に表題作が本全体を象徴する意味を持っている。いや、今回はより直接的に、「解題」のような役割を果たしている。

 例えば、語り手の「私」が次のように考えるくだりがある。「私のこれまでの人生には――たいていの人の人生がおそらくそうであるように――いくつかの大事な分岐点があった。(中略)そして私は今ここにいる。ここにこうして、一人称単数の私として実在する。もしひとつでも違う方向を選んでいたら、この私はたぶんここにいなかったはずだ。・でもこの鏡に映っているのはいったい誰なのだろう?」

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです