連載

村上春樹をめぐるメモらんだむ

現代作家として国際的に高い評価を受けている村上春樹さん。小説の執筆だけでなく、翻訳に、エッセーに、ラジオDJにと幅広く活躍する村上さんについて、最新の話題を紹介します。

連載一覧

村上春樹をめぐるメモらんだむ

最新短編集から聞こえる音楽

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 18日、村上春樹さんの短編小説集『一人称単数』(文芸春秋)が刊行された。収録作8編のうち7編は2018~20年に文芸誌に発表されたもので、表題作1編が書き下ろしだ。雑誌発表の数編に、比較的短い書き下ろしの表題作が加わる形は『女のいない男たち』(14年)と同じ。しかも、同様に表題作が本全体を象徴する意味を持っている。いや、今回はより直接的に、「解題」のような役割を果たしている。

 例えば、語り手の「私」が次のように考えるくだりがある。「私のこれまでの人生には――たいていの人の人生がおそらくそうであるように――いくつかの大事な分岐点があった。(中略)そして私は今ここにいる。ここにこうして、一人称単数の私として実在する。もしひとつでも違う方向を選んでいたら、この私はたぶんここにいなかったはずだ。・でもこの鏡に映っているのはいったい誰なのだろう?」

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1353文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集