メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ぶあいそうな手紙 心を開く孤独な老人 気持ち和らぐ人情噺に

 新型コロナウイルスのおかげで、気の滅入(めい)るようなニュースばかりが続きます。そんな時にお勧めしたいのが、ブラジルから届いたこの映画。観(み)ていて気持ちが和らぎます。

 エルネストは、ブラジルの南部、ポルトアレグレの町に住む78歳の老人です。隣国のウルグアイ出身で、ポルトアレグレに住んで46年。奥さんは亡くなり、息子も独り立ちして久しくなります。

 映画の冒頭では、その息子のラミロが訪れ、一緒に住まないかと誘ってくれます。アパートを出て同居してはどうかというんですね。実際のところ、エルネストの目はほとんど見えず、飲まなくちゃいけないお薬もよく見分けがつかない状態です。でもエルネストは、息子の世話になりたくない。息子の誘いを断ります。

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  3. 「絞首刑は痛いみたいだから、それは嫌だな」 9人殺害・白石被告一問一答(その4)

  4. 米大統領選のテレビ討論会始まる トランプ氏とバイデン氏、初の直接対決

  5. 「男性については唯一明確な殺意があった」 9人殺害・白石被告一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです