「受けたいならびびるな」 サンシャイン池崎さん語る「空前絶後」の笑い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カメラに向かって「ジャスティス!」のポーズをとるサンシャイン池崎さん=東京都渋谷区で2020年7月13日、藤井太郎撮影
カメラに向かって「ジャスティス!」のポーズをとるサンシャイン池崎さん=東京都渋谷区で2020年7月13日、藤井太郎撮影

 いつもクラスを笑いに包む人気者は、どうしてあんなにおもしろいのか。何かコツがあるのだろうか……。

 夏休みは、自由な時間を使い、新学期に向けて自分自身を磨き、変えるチャンスだ。毎日小学生新聞は「おもしろくなるには」というテーマで、お笑い芸人のサンシャイン池崎さんに話を聞いた。【長岡平助】

 小学生のころは「まあまあひょうきんな方だった」という池崎さん。ちょっとしたシャレやギャグで周囲を笑わせていたという。

 おもしろくなるために、池崎さんはまず「人によっておもしろいの基準は違うし、個性もそれぞれなので、無理はしなくていい」と話す。その上で、広くおもしろがられる方法の一つとして「元気」を挙げる。

この記事は有料記事です。

残り1631文字(全文1929文字)

あわせて読みたい

注目の特集