不登校生にアニメで授業 オンラインでも出席扱いに 大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「すらら」による英語学習の一部抜粋。キャラクターは全てアニメ=県教委提供
「すらら」による英語学習の一部抜粋。キャラクターは全てアニメ=県教委提供

 対人関係が苦手だけれど勉強したい――。家から外に出られない引きこもりや不登校の児童生徒が、アニメのオンライン授業で学習できる取り組みを大分県教育委員会が始めた。使用する民間の教材に教師役で登場するのはアニメのキャラクターで、人間は一切登場しない。各学校の教育課程に従ってオンライン授業で学べば、登校しなくても公立小中高校で出席日数として認定する。【河慧琳】

 県教委が導入したのはパソコンやタブレット端末を利用した民間のオンライン教材「すらら」。熊本市教委が授業のライブ配信を始めるなど新型コロナウイルスの影響でテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用した授業は広がりつつあるが、「すらら」のポイントは人間が誰も登場しないことだ。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

注目の特集