特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨の死者76人に 長崎・崖崩れの母子も 地盤の緩みが原因

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎県諫早市高来町の崖崩れ現場(中央)。右は轟の滝=2020年7月25日午後5時22分、本社ヘリから
長崎県諫早市高来町の崖崩れ現場(中央)。右は轟の滝=2020年7月25日午後5時22分、本社ヘリから

 長崎県諫早市高来(たかき)町の渓谷、轟峡(とどろききょう)で25日に起きた崖崩れに巻き込まれ死亡した長崎市の小学生の娘(8)と母親(40)について、県は26日、九州豪雨による死者と認定した。現場の状況から、豪雨で地盤が緩んだことが崖崩れの原因と断定した。豪雨による九州各県の犠牲者は、熊本65人▽大…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集