メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「必要のない人いない」多様性ある社会の実現訴え 大阪で追悼集会、相模原殺傷事件4年

津久井やまゆり園事件から4年。障害者差別に抗議をする追悼集会の参加者たち=大阪市北区で2020年7月26日午後6時18分、山崎一輝撮影

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から4年を迎えた26日、関西の障害者らがJR大阪駅近くで追悼集会を開いた。難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性が薬物投与され、医師2人が嘱託殺人の疑いで逮捕された事件が明らかになったばかり。参加者は「必要のない人はいない。多様性のある社会に」などと訴えた。

 主催者の一人で全身まひの重度障害がある金満里(キムマンリ)さんは、重度障害者による「劇団態変」を主宰。「相模原から4年が過ぎたが、障害者差別に踏み込んで議論してこなかった。命を否定させないような社会になってほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです