連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

小ホールでバレエ鑑賞 至近で「心が震える」公演 横浜・長野・京都、花形ダンサー登場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昨年の「シバー」のパフォーマンス。客席はスタジオの周縁にコの字形に配されるため、側面からも鑑賞できる。奥が二山治雄=斉藤希史子撮影
昨年の「シバー」のパフォーマンス。客席はスタジオの周縁にコの字形に配されるため、側面からも鑑賞できる。奥が二山治雄=斉藤希史子撮影

 新型コロナウイルス禍の中、「ダンサーの息遣いを至近距離で体感できる」小ホールでのパフォーマンスが横浜・長野・京都の3市で開かれる。公開の稽古(けいこ)場リハーサルといった趣で、飯島望未(のぞみ)、二山治雄ら花形が出演。心が震えるような体験を観客に届けたい、との願いから、公演名は「SHIVER(シバー)」(英語で「震える」の意)と名付けられた。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1274文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集