メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

小ホールでバレエ鑑賞 至近で「心が震える」公演 横浜・長野・京都、花形ダンサー登場

昨年の「シバー」のパフォーマンス。客席はスタジオの周縁にコの字形に配されるため、側面からも鑑賞できる。奥が二山治雄=斉藤希史子撮影

 新型コロナウイルス禍の中、「ダンサーの息遣いを至近距離で体感できる」小ホールでのパフォーマンスが横浜・長野・京都の3市で開かれる。公開の稽古(けいこ)場リハーサルといった趣で、飯島望未(のぞみ)、二山治雄ら花形が出演。心が震えるような体験を観客に届けたい、との願いから、公演名は「SHIVER(シバー)」(英語で「震える」の意)と名付けられた。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです