メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

小ホールでバレエ鑑賞 至近で「心が震える」公演 横浜・長野・京都、花形ダンサー登場

昨年の「シバー」のパフォーマンス。客席はスタジオの周縁にコの字形に配されるため、側面からも鑑賞できる。奥が二山治雄=斉藤希史子撮影

 新型コロナウイルス禍の中、「ダンサーの息遣いを至近距離で体感できる」小ホールでのパフォーマンスが横浜・長野・京都の3市で開かれる。公開の稽古(けいこ)場リハーサルといった趣で、飯島望未(のぞみ)、二山治雄ら花形が出演。心が震えるような体験を観客に届けたい、との願いから、公演名は「SHIVER(シバー)」(英語で「震える」の意)と名付けられた。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです