メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

稲川淳二 28年目の怪談ライブツアー こんな時こそ、別格のゾクッを

 今や夏の風物詩となった稲川淳二の怪談ライブツアー。新型コロナ禍で迎えた28年目の今年も、大阪・サンケイホールブリーゼ(8月6~10日)など全国各地で開かれることが決まった。一部公演が中止となり、客席減などの制限も受けるが、「今年はこれで勘弁してね、という気持ちにはなりたくない。逆にこういう状況だからこそ、今までにない話を」と意気込む。

 「心霊探訪」として全国各地で集めたネタをもとに練り上げた怪談を1時間30分、そして心霊写真の解説を30分の2部構成。「今年は特にいいのができたから、ツアーが中止になっちゃったらさみしいなと思ってた」。怪談は毎回6本前後を披露するが、今回は特に「時間差でふっと気がついた時の怖さ」を味わえる作品ができあがったという。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです