メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

ファヒム パリが見た奇跡(2019年、仏) 右も左も包む道はある

 難民として父親と共にバングラデシュからフランスに渡った8歳の少年、ファヒム。師や仲間と出会い、さまざまな困難を乗り越えてチェスのフランス王者を目指します。ただこの映画、おとぎ話のような少年の成功物語ではありません。彼の才能を見いだし、伸ばし、支えた人々の物語です。その人たちにも、彼を応援するそれぞれの背景が。ファヒムの師とライバルの師との確執。嫉妬、恨み、嫌悪。そんな負の感情が力となり、そして昇華されていく姿に心が揺さぶられます。

 さて、実話に基づいたこの映画では、言葉や習慣など異文化に順応していくファヒムに対し、そうしたことに消極的な父親の葛藤が描かれます。これは、「コロナ禍」と言われ、「新しい生活様式」を突き付けられている私たちの現状とも重なります。フランスの価値観か、母国の価値観か。生活様式の刷新か、否か。私たちは「右か左か」でいつも苦しみますが、果たしてそんな二項対立の話なのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ワクチン接種の新システム、国は個人情報扱わない方針 自治体などが情報登録

  5. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです