ロボットが消毒、実証実験 JR東

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR高輪(たかなわ)ゲートウェイ駅(東京都港区)で27日、消毒作業や手荷物搬送を担うロボットの実証実験があった。新型コロナウイルスの感染防止にもつながると期待されており、JR東日本は2024年度の導入を目指している。

 この日登場したロボットは3種類。いずれも自律移動型で、人が歩く程度のスピードで動く。このうち、日本信号などが製作したロボット「クリナボシーエルゼロ2」は高さ47セ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集