家畜ふん尿からメタノール 興部町など世界初 「新たな収益源に」 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 乳牛などの家畜のふん尿が発酵する際にできるバイオガスから、燃料や樹脂などの原料となるメタノールを生成することに成功したと、興部町と大阪大先導的学際研究機構の大久保敬教授(光化学)が発表した。大久保教授によると、ふん尿由来でメタノールを製造したのは世界初といい、畜産業の新たな収益源として期待される。

 発表によると、大久保教授らはバイオガス…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集