メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家畜ふん尿からメタノール 興部町など世界初 「新たな収益源に」 /北海道

 乳牛などの家畜のふん尿が発酵する際にできるバイオガスから、燃料や樹脂などの原料となるメタノールを生成することに成功したと、興部町と大阪大先導的学際研究機構の大久保敬教授(光化学)が発表した。大久保教授によると、ふん尿由来でメタノールを製造したのは世界初といい、畜産業の新たな収益源として期待される。

 発表によると、大久保教授らはバイオガス…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  3. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 雇用調整助成金 特例措置2月末まで延長 政府方針 感染拡大受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです