メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛驒に4年制大学構想 24年春の開学目指す /岐阜

 県北部の山間部、飛驒地方に初の4年制私立大学を設立する計画が進んでいる。若い世代の流出が進む中、地域のリーダーを育成するのが狙い。地元出身の大学院生が一般社団法人の大学設立基金を立ち上げ、6月に飛驒市と支援協定を結んだ。2024年春の開学を目指す。

 名称は「飛驒高山大学(仮称)」。飛驒市の工場跡地約9000平方メートルの土地を確保した。22年に文部科学省に認可申請する予定。

 基金事務局によると、全日制の経済学部地域経済学科を設け、起業、就職、事業承継、公務員の四つのコースを設置する。定員は1学年100人で、教員は25~30人の予定。学生の20~40%を飛驒地域から、それ以外を地域外から受け入れたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  5. 東京、大阪、埼玉、兵庫、千葉で過去最多の感染 死者12人増え1994人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです