メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手品で笑顔「僕の薬」 大病乗り越えステージに 名古屋の矢神さん「元気届けたい」 /愛知

華麗な技と軽妙なトークで客を楽しませるマジシャンの矢神潤さん(中央)=名古屋市東区で

 客の手の中でコインが増える。袋に入れたはずのボールが消える。鮮やかなマジックに客席は驚きと興奮に包まれた。華麗な技を繰り出すのは名古屋市のマジシャン、矢神潤さん(49)。白血病などの大病を乗り越えステージに戻った。今も難病を患い、長時間の歩行もままならないが「大好きな手品で元気を届けたい」と奮闘している。【野村阿悠子】

 手品との出合いは9歳のころ。父のカードを使った手品を見て「魔法使いみたいだ」と感動し、すぐに手品の本を買ってもらった。あがり症で、人前で披露することはあまりなかったが、技を増やしていくのが楽しく、社会人になっても練習を続けた。ただ、プロを志したのは、度重なる病魔との闘いがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです