特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

資料室をオンライン公開 土器などの解説も 京大・尊攘堂 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで公開している尊攘堂のパノラマ写真=京都大大学院文学研究科付属文化遺産学・人文知連携センター京大文化遺産調査活用部門のホームページから
オンラインで公開している尊攘堂のパノラマ写真=京都大大学院文学研究科付属文化遺産学・人文知連携センター京大文化遺産調査活用部門のホームページから

 京都大大学院文学研究科付属文化遺産学・人文知連携センターは、縄文時代の土器などを展示する同センター資料室「尊攘(そんじょう)堂」内部をオンラインで公開している。360度のパノラマ写真で内部を観賞できるほか、主要な展示品にはアイコンを付け、画像と解説で詳細に情報を伝えている。【福富智】

 尊攘堂は2018年6月の大阪北部地震で内部が損傷し、修復工事をしていた。リニューアル後の開室を20年3月に予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で見合わせている。そのためオンラインでの公開に踏み切った。

 吉田キャンパスを中心に、大学構内で発掘された縄文時代~京都帝国大時代の19世紀末までの約300点を展示。土器や埴輪(はにわ)、焼き物などが並ぶ。尊攘堂は、吉田松陰や尊王の志士たちの遺墨や遺品などを収容するため1903年に建てられ、98年には国の登録有形文化財に指定された。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文661文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集