メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア、宗教 揺さぶるコロナ 政府批判の記者「抑圧」/ネット禁止で感染拡大

「フェイクニュース」を流したとしてマレーシア当局の聴取を受け、警察署を出るオーストラリア人ジャーナリスト(右)=クアラルンプールで7月10日、AP

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くアジアや中東で、政治、宗教とメディアの関係に変化が起きている。アジア諸国では、政権がコロナ対策を批判する記者らの「抑圧」を始めた。一方、イスラエルではテレビやインターネットの使用が禁じられているユダヤ教超正統派の間で感染が拡大し、メディアへの向き合い方を見直す機運が高まっている。

 バングラデシュでは、ハシナ政権の新型コロナへの対応を批判したジャーナリストが訴追されるケースが相次いでいる。

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1890文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです