メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

1位になった「富岳」 「日本すごい」傾斜は危険=武田徹

スパコンランキングの4部門で1位になった「富岳」=神戸市中央区で2020年6月23日午後0時9分、大西達也撮影

 理化学研究所が開発するスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が、国際ランキングの4部門で1位を獲得した。日本製スパコンが首位となるのは2011年の「京(けい)」以来だという。

 京といえば民主党政権の事業仕分けの対象となったときに「2位じゃだめですか」と開発者を問いつめる蓮舫参院議員の姿が印象的だった。とはいえ高みを目指すのは技術者の本性だし、開発費に見合う活躍をしてくれれば異論は出るまい。

 富岳はどうか。新型コロナウイルス禍の中で予定を前倒しして分子シミュレーション実験に使われた富岳は、新型コロナ感染症に効きそうな新薬候補を2000種以上の既存薬の中から数十種に絞り込んでみせたという。従来、数カ月かかった作業を1週間で済ませたのは京より大幅に高まった計算能力のたまものだ。こうして、すぐにも役に立ってくれそうな期待が高まるが、ここは冷静になるべきだろう。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1083文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです