メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

岡部/上 技術で「安全・安心」支える

入社式であいさつする廣渡眞社長=岡部提供

 <since 1917>

 最高視聴率が40%を超えたテレビドラマ「半沢直樹」(第1シーズン)に小さなネジ工場を営む父親が少年時代の主人公にこう語りかける場面(第5話)がある。

 「このネジが日本を支えとんのや。そのうち必ず分かるようになる」

 1917年、ボルトなどの製造からスタートした岡部(東京都墨田区)もそんな誇りを胸に秘める会社だ。「安全・安心の提供を通じて社会に貢献する」との経営理念を掲げ、建設資材メーカーとして成長。社史には関東大震災や戦後復興で果たした歴史も描かれ、ドラマの1シーンと共通するものを読み取ることができる。廣渡眞社長に記者がそう伝えると、こんな話をしてくれた。

 「入社した40年前は知名度の低い会社でした。採用面接のため最寄り駅で降りると電信柱にポスターが貼ってあり『墨田区から世界へ 岡部株式会社』と書かれていた。『安全・安心』の経営理念は当時からあり、地震から人命と建物を守るためにスリット材という縁切材を開発していましたね」

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ペットの犬が新型コロナ陽性 国内初、別世帯の2匹 健康状態に異常なし

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです