メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース検定に挑戦

今回は準2級 石炭火力発電を巡る日本のエネルギー政策などに関連して、正しい記述は?

 <受験のトビラ juken no tobira>

 ◆問題 石炭火力発電を巡る日本のエネルギー政策などに関連して、正しい記述を(1)~(4)から一つ選びなさい。

 (1) 日本は温暖化対策の一環として、途上国に石炭火力発電所の設備を輸出することを禁じている。

 (2) 日本は二酸化炭素(CO2)排出量が多い旧式も含めて、現在の石炭火力発電所を今後も使い続ける計画だ。

 (3) 第二次世界大戦後の「エネルギー革命」とは、主要なエネルギー源が石油・天然ガスから石炭へと大きく転換したことを意味する。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです