メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 学校再編に危機感 和光大教授・山本由美さん

和光大教授・山本由美(やまもと・ゆみ)さん

 全国学力テスト、小中一貫校化、学校統廃合――。競争や選択の自由を特徴とする「新自由主義教育改革」を批判的に検証し、住民自治や学校自治のあり方を研究している。近年、年間300校ほどの公立小中学校が消えている。「学校がなくなれば地域は廃れていく」。少子化や自治体の財政難を背景に各地で進む学校の再編計画に危機感を抱く。

 1998年ごろ、小中学校が選べる制度が実質導入されていた東京都足立区で調査に携わった。教員や保護者に「選ばれない学校が淘汰(とうた)される危機感」が広がっていた。2年間過ごした米国では公設民営の「チャータースクール」に公立校の子どもが奪われているのを目の当たりにした。帰国後、都内で広がり始めていた学校選択制による統廃合について共著を出すと、読んだ保護者から「うちの学校もなくなりそう」などの訴えが…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです