メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「うた新聞」100号=酒井佐忠

 月刊短歌総合紙の「うた新聞」(いりの舎)が7月号で創刊100号になった。2012年4月からの刊行。12ページの小さな新聞だが、その内容は作品発表から批評や書評、短歌ニュースまで幅広く充実している。ペーパーレスが進む一方の情報社会で、短歌文芸を底支えする役割を果たしているのがうれしい。

 記念号の巻頭作家は馬場あき子と篠弘。現歌壇を代表する2人の作品15首が紙面を飾る。<お持ち帰りといふやさしいことば消えゆきてテイクアウトの袋がどさり><東京に麦畑ありとい…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  2. 「僕たちは世界を変えることができない」 原作医師がパレスチナにマスクを送る理由

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです