メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「うた新聞」100号=酒井佐忠

 月刊短歌総合紙の「うた新聞」(いりの舎)が7月号で創刊100号になった。2012年4月からの刊行。12ページの小さな新聞だが、その内容は作品発表から批評や書評、短歌ニュースまで幅広く充実している。ペーパーレスが進む一方の情報社会で、短歌文芸を底支えする役割を果たしているのがうれしい。

 記念号の巻頭作家は馬場あき子と篠弘。現歌壇を代表する2人の作品15首が紙面を飾る。<お持ち帰りといふやさしいことば消えゆきてテイクアウトの袋がどさり><東京に麦畑ありとい…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです