メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷4年 大阪でも追悼

津久井やまゆり園の事件から4年。障害者差別に抗議しながら街を練り歩く追悼集会の参加者たち=大阪市北区で2020年7月26日、山崎一輝撮影

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から4年を迎えた26日、関西の障害者らがJR大阪駅近くで追悼集会を開いた。難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性が薬物投与され、医師2人が嘱託殺人の疑いで逮捕された事件が明らかになったばかり。参加者は「必要のない人はいない。多様性のある社会に」などと訴えた=写真・山崎一輝撮影。

 主催者の一人で全身まひの重度障害がある金満里(キム・マンリ)さんは、重度障害者による「劇団態変」を主宰。「相模原から4年が過ぎたが、障害者差別に踏み込んで議論してこなかった。命を否定させないような社会になってほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. ハンコは「抵抗勢力」か 印章制度の本質と過度なデジタル化の危険

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです