ソニー試作EV「VISION-S」公開 一定の自動運転、年度内に公道実験

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソニーは27日、東京都内で電気自動車(EV)の試作車「VISION―S」を報道機関に公開した。自社のセンサー技術や音響設備をアピールするために製作した4人乗りセダンで、一定の自動運転が可能。現時点で販売予定はないが、2020年度中に公道で走行実験を予定している。

 スマートフォンなどに使われる画像センサーにおいて、ソニーのシェアは世界1位。試作車は計33個のセンサ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

注目の特集