坂道抜ける風鈴の音色 ガラスや鉄製500個 高松「四国村」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
歌舞伎舞台に飾られている風鈴=高松市屋島中町の四国村で、喜田奈那撮影
歌舞伎舞台に飾られている風鈴=高松市屋島中町の四国村で、喜田奈那撮影

 四国内の古民家などが並ぶ野外博物館「四国村」(高松市屋島中町)で、ガラスや鉄の風鈴が飾られている。風鈴は時折吹く風で涼しげな音を響かせ、来館者らを楽しませている。8月30日まで。

 彫刻家の流政之氏が作った石畳の坂道や古民家などに計約500個飾られており、うち約250個は江戸時代の「小豆島農村歌舞伎舞台」につるされている。東京芸大やシカゴ美術館…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集