メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消毒ロボも搬送ロボも 近未来駅バージョンアップ 高輪ゲートウェイ駅で実証実験

手すりに消毒剤を噴射する「クリナボシーエルゼロ2」=東京都港区のJR高輪ゲートウェイ駅で2020年7月27日、玉城達郎撮影

 JR高輪(たかなわ)ゲートウェイ駅(東京都港区)で27日、消毒作業や手荷物搬送を担うロボットの実証実験があった。新型コロナウイルスの感染防止にもつながると期待されており、JR東日本は2024年度の導入を目指している。

 この日登場した清掃ロボットは3種類。いずれも自律移動型で、人が歩く程度のスピードで動く。このうち、日本信号などが製作したロボット「クリナボシーエルゼロ2」は高さ47センチ、幅48センチ、奥行き…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 竜王戦挑戦者は羽生九段 丸山九段を破る タイトル100期目かけ豊島竜王と対局

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです