メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王族の末裔かたり「建国費」詐取 会社役員の被告、福井地裁で28日判決

五百旗頭正男被告の判決文。「王族の末裔」「ブライトン王国の王になれる」といった文言が並ぶ=2020年7月24日午後9時50分、横見知佳撮影

[PR]

 「私は王族の末裔(まつえい)。海外にある資産を回収して王国を建国するために支援してくれれば、1・5倍にして返す」――。そんなうたい文句で多額の金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた住居不定、会社役員、王見禎宏被告(67)の判決が28日、福井地裁で言い渡される。

 6月1日に福井地裁で開かれた王見被告の論告求刑公判。4月に懲役5年の判決を受け控訴した東京都文京区、会社役員、五百旗頭(いおきべ)正男被告(71)と共謀し、2013年に東京都と福井県の2人から計6150万円をだまし取ったとされる王見被告に検察側は懲役5年を求刑した。しかし、王見被告は最終意見陳述で資産が存在すると信じて疑わない様子だった。「逮捕されたからといって事業が終わるわけではない。生きている限りやりとげなければならないという責務がある」などとよどみなく話した。

 五百旗頭被告の判決や起訴状によると、王見被告らが描く事業とはこうだ。

 明治天皇の父である孝明天皇がバチカン市国に数十兆円という膨大な資産を隠しており、その引受人が王族の末裔の王見被告である。その資産を引き出すため、英国南東部の都市ブライトンに王見被告が元首となる信託統治領「ブライトン王国」をつくり、バチカン市国に眠る資産を運用する金融機関を設立する。そのための経費として支援金を募る――。

 孝明天皇やブライトン、バチカン市国といった実在の人物や地名以外は王見被告らが作り出した架空の話だ。

 王見被告は1953年、広島県に生まれた。王見姓は孝明天皇から授けられた王族の末裔を示すものだと父親から聞き、家系が特別なものだと思いこむようになったという。皇学館大学(三重県伊勢市)では古代や中世の歴史を学んだ。90年に上京。96年に海外の投資話を通じて五百旗頭被告と知り合う。

 五百旗頭被告の判決によると、当時から王見被告は自分が王族の末裔だと周囲に吹聴していたといい、五百旗頭被告が王見被告の出自に対する自負を利用し、犯行を計画したとみられる。

 2000年以降、王見被告の財産や「ブライトン王国」に関する情報が王見被告の元に届くようになった。00年ごろ、2人の共通の知人から英国の会計省に王見被告の財産200億円があると聞かされ、英語が得意な五百旗頭被告と渡英したがそのような財産は確認できなかった。

 02年には王見被告のために五百旗頭被告が米ニューヨークに留学する必要があるという書面が「チャールズ伯爵」らから届いた。王見被告は数百万円を五百旗頭被告に渡したが、五百旗頭被告は渡米することはなかった。

 その後も、02年に「(王見被告が)欧州連合銀行の理事に欧州王族連合と英国王族代表として推薦された」という文書が「欧州連合認証部門代表キャビン・ジョージ」から届き、06年には「欧州王室連合」の「デヴィッド・ヴァン・ダイク」から「英国のブライトンに王見被告を元首とする信託統治領をつくり、資産を運用する金融機関を設立するための経費が必要だ」という書簡が届いた。これらは五百旗頭被告が作成したものだったが、王見被告は自身の出生が特別なものだと確信を持つようになった。

 これ以降、王見被告らは支援者から現金を集めるようになった。時にはセミナーを開き「王見は王族の末裔で外国にある多額の資産を引き出せればブライトン王国の王になれる。そのための費用が必要で、支援してもらった経費は5割増しにして還元する」と言葉巧みに金を集めた。電話や面談で「5割増しの還元は今だけ」「1・5倍になるのだから借金してでも支援したほうがいい」「バチカン市国からの資産引き出しは順調だ。まだ支援金を集めている」――などと何度も金を振り込ませたという。

 検察側の指摘によると、被害届が出されていないものも含めると、2人は30億円以上を集めたとみられる。五百旗頭被告は09~18年の間に、少なくとも約12億円を王見被告から受け取り、少なくとも2億円を生活費や知人女性への仕送りなどに使った。五百旗頭被告は生活する高級マンションや車などについて「欧州王室連合からあてがわれている」と王見被告に対して説明していたが、事業が実現する気配がないまま、王見被告も支援金の一部を私的に流用し、12年からの3年間だけでも約4500万円を生活費やキャバクラなどの遊興費に使った。19年2月、2人は詐欺容疑で福井県警に逮捕された。

 6月1日の王見被告の論告で、検察側は「当初は五百旗頭被告にだまされていたとしても、私的に利用していたのだから王見被告も詐欺行為だと認識していた」と指摘した。弁護側は「検察側は事実の存在を確認したとは言えず、臆測論だ」と反論。共謀も成立せず、無罪を主張した。

 王見被告は最終意見陳述で王族の末裔だとする生い立ちを述べた後、「新しい財源として世界に組み込むその寸前で逮捕された。元本となる金や銀がバチカン市国に保存されている。その元本があるから日本は債券を発行できている」と持論を展開。「多くの方々の金で生活させてもらったのは事実」と認める一方で「大変な時間がかかったことをおわび申し上げる。やりとげることで世界に貢献させていただく」と語った。判決は28日午後1時半に言い渡される。【横見知佳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです