メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひとり立ち 風にウキウキ もっと遠くへ アオバズク巣立ち 福岡

親鳥(右端)と並んで樹上で羽を休める2羽のアオバズクの幼鳥=福岡市西区で2020年7月25日、須賀川理撮影

 福岡市西区の神社で巣立ったばかりのアオバズクの幼鳥が羽を休めている。境内を見下ろす枝には親鳥と2羽の幼鳥が並び、時折吹く風に合わせるように羽を広げていた。

 アオバズクはフクロウの仲間で、青葉の季節になると東南アジアなどから繁殖のため渡ってくる。木の洞に巣を作るため、大木のある神社や寺など人の生活圏…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

  5. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです