メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

今こそ「天下泰平の祈りを」 国立能楽堂に石飛博光さんの書

能楽堂に飾られた石飛博光さん書のびょうぶ=東京都渋谷区の国立能楽堂で2020年7月26日午後5時58分、油井雅和撮影

 「今、国難に立ち向かうすべての人々に天下泰平の祈りを捧(ささ)げる」――。国立能楽堂(東京都渋谷区)のロビーに、訪れた人の心に響く書のびょうぶが飾られた。

 能楽堂のすぐ近くには国立競技場があり、この時期は「東京2020オリンピック・パラリンピック能楽祭」が予定されていた。五輪延期で「能楽公演2020~新型コロナウイルス終息祈願~」(能楽協会など主催)と名称と企画を改め、27~31日と8月3~7日の10日間、人間国宝や各流儀の宗家、人気者など能楽界のオールスターが登場する夢の舞台が開かれる…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです