「原始の鳥」実はトカゲ? 琥珀内の化石 発見の中国チーム、論文取り下げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
琥珀の中に見つかった生き物の頭部の化石。原始的な鳥ではなく、トカゲの可能性が高まった=研究チーム提供
琥珀の中に見つかった生き物の頭部の化石。原始的な鳥ではなく、トカゲの可能性が高まった=研究チーム提供

 約9900万年前の原始的な鳥の頭部とみられる化石を琥珀の中に見つけたと発表していた中国地質大などの研究チームが、化石はトカゲの可能性が高まったとして、27日までに論文を取り下げた。

 論文は英科学誌ネイチャーに3月に掲載された。ミャンマーで見つかった琥珀の中に、長さ1センチ余りの鳥のような生き物の頭…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

あわせて読みたい

注目の特集