メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視覚障害者のホーム転落死、また 「ドアがあれば」妻悔やむ 東京・阿佐ケ谷駅

視覚障害者の男性が電車と接触、死亡する事故があった総武線ホームで対応にあたる警察官ら(3番線から1、2番線をのぞむ。右手が下り方向)=JR阿佐ケ谷駅で2020年7月26日午後3時13分、山下浩一撮影

 東京都杉並区のJR阿佐ケ谷駅で26日午後2時45分ごろ、視覚障害を持つ吉本充伸さん(51)=小平市小川西町=がホームから転落し、総武線電車と接触して死亡する事故があった。吉本さんはプロアスリートを施術するマッサージ師として活躍する一方、施術のボランティアにも熱心で、この日もお年寄りへのマッサージのために駅を利用していた。妻は「ホームドアがあれば」と悔やんだ。

 警視庁杉並署によると、駅の防犯カメラに、ホームの線路沿いを1人で歩いている際に足を踏み外し、線路に転落する様子が映っていた。吉本さんは自力でホームに上がろうとしたが、進入してきた電車と接触したという。使っていた白杖(はくじょう)が現場に残されていた。

 本人のフェイスブックや関係者によると、…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです