メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は作家・島本理生さん エッセイの不思議な距離感

島本理生さん=東京・井の頭公園で2019年1月16日、根岸基弘撮影

 *6月30日~7月27日

 ■長いお別れ(レイモンド・チャンドラー著、清水俊二訳・1976年)ハヤカワ・ミステリ文庫・1100円

 ■猫を棄てる(村上春樹著・2020年)文芸春秋・1320円

 ■寺田寅彦随筆集 第一巻(寺田寅彦著・1963年)岩波文庫・814円

 例年暑すぎたせいか、今年はまだ過ごしやすいわりに体が慣れない。なにより雨が多かった。

 新型コロナと雨の続く東京では出歩くこともできず、読書でもしようと近所の本屋に行った。文庫コーナーに平積みされていた「長いお別れ」を開くと、面白さに引き込まれた。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです