メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

コロナ禍と演劇の力=小国綾子

DULL-COLORED POP公演「アンチフィクション」より(山口真由子さん撮影)

 東京・新宿の小さな劇場で25日、劇作家・演出家の谷賢一さんの一人芝居「アンチフィクション」を見た。生で芝居を見るのは平田オリザさんの「東京ノート」以来、5カ月ぶりだ。

 主人公は、コロナ禍という濃厚すぎる現実を前に、フィクション(物語)が書けなくなってしまった劇作家、つまり谷さん自身。酒に溺れ、七転八倒の果て、決意する。フィクションが書けないなら、「書けない」ともがく自身のありのままを書こう、と。だからタイトルは「アンチフィクション」。

 「この話には、フィクションはありません。主人公は、私」。そんなふうに始まる一人芝居に、谷さんらしいと思った。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです