メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

加藤義宗 人間愛に焦点当て 父が得意の芝居「審判」に初挑戦

=内藤絵美撮影

 父、加藤健一が得意としたひとり芝居「審判」(バリー・コリンズ作、青井陽治訳)に、加藤義宗が9月9~13日、東京・シアター風姿花伝で初挑戦する。

 第二次世界大戦中、独軍の捕虜となったヴァホフ大尉ら7人のロシア人軍人は、水も食料もない地下室に裸で閉じ込められる。60日後の生存者は2人。ひとり正気のヴァホフは、何が起きたかを軍事法廷で証言する。2時間半の舞台だ。「1月2日から稽古(けいこ)を始めました。台本が80ページあるので、1日1ページずつ覚える作業に2カ月半かかりました」

 健一は30歳でこの作品に出合い、25年間で、239回ヴァホフを演じた。今回はその父が演出を担当する。5歳のころから俳優としての父を見てきた。「父の舞台を見るのは義務のようなもの。客席で話していたら楽屋でどなられるし、なんで怒られに劇場に行かなければならないんだろうと思っていました」

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1065文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです