メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

なにコレ!? 未来へつなげ、新しい応援歌 「そして紺碧の空へ」が話題に 早稲田大

MVに登場する、早稲田大キャンパスのシンボル・大隈記念講堂=「SHARP#」提供

 「“元気にしてますか?” 画面越しの君はあの頃キャンパスで見た勝気さがちょっとない」――。そんな歌詞から始まる、早稲田大の新しい応援歌が誕生した。曲名は「そして紺碧(こんぺき)の空へ」。そのミュージックビデオ(MV)が6月27日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され、再生回数はまもなく5万回を突破。反響が広がっている。

 早大の応援歌といえば、朝の連続テレビ小説で取り上げられ、話題となった古関裕而作曲の「紺碧の空」が有名だ。今回の楽曲にも、曲名や歌詞に「紺碧の空」というフレーズが登場する。著名な同曲のようにいつまでも歌い継がれてほしいとの思いからだ。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです