メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

立場を自覚、行動に責任 医学系学生、オンライン座談会 実習中止、進路の不安…コロナが影響

医療従事者は日々、感染リスクを抱えながら新型コロナウイルスの検査にあたっている(本文とは関係ありません)

 新型コロナウイルスの流行は、いまだ収束の見通しが立っていない。そんな中、最前線でウイルスと闘っている医療現場は疲弊し、不安の声も多く上がっている。医師や看護師を目指す学生たちにとって、医療現場での実習は不可欠だが、彼らはこの未曽有の事態を、どう受け止めているのか。キャンパる編集部はオンライン座談会を開き、学生たちに率直な思いを聞いた。【司会・まとめ、立教大・明石理英子】

 ――コロナ禍に見舞われましたが、今年度に入ってからの実習や実技の授業は予定通り行われましたか。

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1905文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです