メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 恩返しの炊き出しラーメン 熊本地震で被災 NPO理事長「心つないでいけたら」

ラーメンを手渡す九州ラーメン党の濱田龍郎理事長(左)=熊本県八代市緑町の八代市総合体育館で2020年7月18日、杣谷健太撮影

 九州豪雨の被災者に心温まるラーメンを食べてもらおうと、全国の被災地で炊き出しを続けている熊本県益城(ましき)町のNPO法人「ボランティア仲間 九州ラーメン党」が支援を始めた。2016年4月の熊本地震では益城町が震度7の揺れに2度見舞われる最激震地になり、理事長の濱田龍郎さん(76)らも被災した。「あの時は私たちが助けてもらった。恩返しです」。息の長い支援を目指している。

 「頑張ってください」。18日昼前、避難所になっている同県八代市の市総合体育館で濱田さんが声を掛けながらラーメンを手渡すと、被災者らは笑顔で受け取った。避難所の食事は支給される弁当が中心。ラーメンをすすった人たちは久しぶりに口にした温かい手料理に思わず頰を緩めた。

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです