新型コロナ 道経済、転換のとき ウィズ・コロナ、カギは? 北海学園大・西村宣彦教授に聞く /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西村宣彦教授
西村宣彦教授

新・地方創生を

 新型コロナウイルスの感染者が道内で確認されて28日で半年。経済はかつて経験したことのない深刻な影響を受けた。道内経済復活のカギは何か。行財政運営と地域再生の関係に詳しい北海学園大経済学部の西村宣彦教授に聞いた。【源馬のぞみ】

 そもそも道内経済は景気悪化の影響を受けやすい。官公需(地方公共団体などが物品を購入したり、工事を発注したりすること)に依存し、社員の所得が高い大企業が少ないためだ。

 これまでは、事業者向けの給付金や特別定額給付金などによって、企業の倒産や労働者の失業を防いだ「守り」の局面だった。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文845文字)

あわせて読みたい

注目の特集