メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女川原発再稼働 地元判断へ、動き本格化 知事と2市町長、来月視察 /宮城

内閣府の担当者(右)から説明を受ける石巻市議会総務企画委・総合防災対策特別委連合審査会の委員ら=宮城県石巻市で2020年7月27日午後2時35分、百武信幸撮影

 東北電力が2022年度以降の再稼働を目指す女川原発(女川町、石巻市)2号機について、地元同意を巡る動きが本格化してきた。今週末の8月1日から県主催の住民説明会が始まるが、村井嘉浩知事は2市町長と原発を現地視察すると発表。一方、各首長の判断に大きな影響を及ぼす2市町の議会は、再稼働の賛否に関する陳情・請願の委員会審査を進めている。【百武信幸、深津誠】

 村井知事は27日の定例記者会見で「(地元同意の)意思決定を表明するのは私なので、決める前には市町村長の意見を聞き、女川原発の視察もする」と表明。女川町の須田善明町長、石巻市の亀山紘市長とともに8月6日に訪問する方針を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  2. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです