新型コロナ 岡山の生地で障害者製作 デニムマスク再販 仙台市、反響呼び新たに5000枚 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
追加販売の予約が始まった大人用(手前)と子供用のデニムマスク
追加販売の予約が始まった大人用(手前)と子供用のデニムマスク

 仙台市は、岡山県総社市から提供されたデニム生地を使い、仙台市内の障害福祉事業所で製作したデニムマスクを追加販売する。8月10日まで予約を受け付け中。市障害企画課の担当者は「障害者一人一人の思いがこもったマスクをぜひお買い求めいただければ」と話している。

 総社市は3月、岡山県産のデニム生地を使ったマスクを販売。肌ざわりの良さなどがSNSで話題を呼び20万枚を超える大ヒット商品となった。東日本大震災の支援をきっかけに交流を続けている片岡聡一総社市長から「仙台市で…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい

注目の特集