メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 客足は戻ったけれど… 「感染対策しっかり」「ぜひ来てと言えず」 4連休の県内観光地 /福島

例年、大勢の見物客が訪れる相馬野馬追だが、今年は無観客で行われた=福島県相馬市で2020年7月25日、和田大典撮影

 新型コロナウイルス流行によって打撃を受けた観光業への政府の支援策「GoToトラベル」が始まって迎えた23~26日の4連休が終わった。県内の主要な観光地では客足が戻ったところが多かった一方、医療体制などを理由に、東京近隣からの観光客に訪問を控えるよう呼びかける自治体や施設もあった。【渡部直樹、柿沼秀行】

 福島市の古関裕而記念館では、古関をモデルとしたNHK連続テレビ小説「エール」が放映されていることもあり、24日にはここ10年で最も多い約500人が訪れた。感染防止のため1度に入館できる人数を35人に制限しており、2時間待った例もあったという。首都圏や関西圏からの来館者もいたといい、市文化振興課の仲沼祐太主査は「感染対策をしっかりしなければと再認識させられた」と気を引き締めた。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです