メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

排水能力、従来の3倍 ポンプ場の新設備 豪雨時に効果 京丹後 /京都

新設された設備を見る見学会の参加者ら=京都府京丹後市網野町浅茂川の小栓川雨水ポンプ場で、松野和生撮影

 周辺地域の浸水を防ぐ雨水排出施設「小栓川雨水ポンプ場」(京丹後市網野町浅茂川)に排水ポンプなどが新設され、27日に施設見学会があった。排水能力は従来の3倍になり、集中豪雨時の効果が期待される。2018年2月に着工し、事業費は約8億5000万円。既に1日から稼働している。

 小栓川は市内を流れる都市下水道。同ポンプ場から、そばを流れる福田川(2級河川・幅約6メートル)に放流する。しかし、豪雨時は小栓川が増水…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです