パーム油発電、除外を FIT対象 経産相に意見書 京都弁護士会 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都弁護士会は21日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の認定対象から、パーム油発電を除外するよう求めた意見書を経済産業相に出した。ライフサイクル全体での温室効果ガス排出量が化石燃料による発電より少ないとはいえず、持続可能性に重大な懸念があると訴えている。

 府内では舞鶴市喜多地区に国内最大のパーム油発電所が計画されたが、「環境悪化」を訴える住民の強い反対が続き、事業会社が建設を断…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集