メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「フィッシング詐欺」に注意 宅配業者装う偽メール被害、県内で相次ぐ /大分

メッセージのURLアクセス→偽サイトで情報入力→データ盗み取り

 宅配業者を装って個人情報を盗み取る「フィッシング詐欺」が県内で相次いで発生している。県警は自宅で過ごす時間が増え、インターネット通販などを利用する人も増えたことが一因とみて、注意を呼びかける。

 「お荷物のお届けにあがりましたが不在のため持ち帰りました。ご確認ください」などのショートメッセージが携帯電話に送信され、メッセージに添付されたURLにアクセスすると…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです