メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第2部 揺らぐ祭典/4 夢継承、着地点見えず 旅館支配人、誘客不安なお

長野五輪の会場にもなった白馬ジャンプ競技場に立つ丸山俊郎さん=長野県白馬村で

 梅雨空のわずかな晴れ間をついて、青いジャンプスーツの少年が踏み切り台から飛び出した。7月11日、長野県白馬村にある白馬ジャンプ競技場。近くの旅館「しろうま荘」で支配人を務める丸山俊郎さん(45)は、地元の高校生たちがスキージャンプの練習に励む姿を眺めていた。

 丸山さんは今夏に予定されていた東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。新型コロナウイルスによる延期がなければ、4月2日に同村の第1走者として走り、村出身のノルディック複合の渡部暁斗選手(32)や元モーグル選手の上村愛子さん(40)に聖火をつなぐことになっていた。

 「1998年の長野五輪が自分の原点。聖火リレーでそのレガシー(遺産)を、次の世代に引き継ぎたいと思っていたのですが」。青いジャンプスーツの着地を見届けると、さみしげに言った。

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです