メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ チリン、疫暑退散 兵庫・能勢電

アマビエを描いた短冊が下げられた風鈴が涼しげな音色を響かせる風鈴電車=兵庫県川西市で、藤井達也撮影

 兵庫県川西市などを走る能勢電鉄で、今年も車内に風鈴をつるした「風鈴電車」が登場した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」の短冊もつり下げられている。

 渓谷を走る電車がカーブで揺れるたび、4両編成の中央2両につるされた風鈴が「チリンチリン」と響きわたる。利用者が寄せ…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです