メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

東京オリンピック延期「在り方もう一度考え直すきっかけに」 公式記録映画の河瀬直美監督

国立競技場に立つ河瀬直美監督=Photo by Tokyo 2020

 映画監督の河瀬直美さん(51)は2020年東京オリンピックの公式記録映画監督として昨年7月から撮影を開始した。数多くのドキュメンタリー映画を世に送り出してきた河瀬監督も、五輪史上初の延期という事態はさすがに想定外だったという。新型コロナウイルスで社会が混乱する様子も感じながら、「仕切り直し」となった東京五輪や今の時代をどう記録し、描こうとしているのか。【構成・大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1544文字)

大島祥平

2004年入社。大分支局を経て福岡運動部、東京運動部、19年から東京社会部。12年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪、18年サッカーワールドカップ・ロシア大会などを現地取材した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです