メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「外出自粛」に負けるな! 佐賀弁ラジオ体操が人気 再生回数10倍に

佐賀市は「佐賀弁ラジオ体操」をPRしている=市提供

 新型コロナウイルスの影響で自粛ムードが続く中、運動不足を解消する手法として「佐賀弁ラジオ体操」が改めて注目を浴びている。動画を制作した佐賀市秘書課のシティプロモーション室は、夏休みや同市のラジオ体操強化週間(8月1~7日)を前に、「今年は朝に公園に集まって体操をする光景は見られないかもしれないが、佐賀弁を聞きながら家族で楽しく体を動かしてほしい」とPRする。【山口響】

 同室によると、市民らからの要望を受けて市は2017年3月、「佐賀弁ラジオ体操第一」を公開。おなじみの体操の号令を佐賀弁に置き換えたもので、「もはや外国語レベル」「方言が懐かしくておもしろい」などと全国で反響を呼んだ。「第二」の制作への期待も高ま…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです